格安SIMの電話かけ放題を比較!電話代も安くする!

このブログでは、格安スマホ・格安SIMの電話かけ放題を利用し、ドコモなどのキャリアよりスマホ料金を安くできるか考察します

格安シムの実際の速度は5mbpsという結果が・・

格安SIMの実際に出る速度

格安SIMはほとんどが下り最大150Mbpsなど高速通信ができることが歌われていますが、実際に出るスピードでは全くありません。

f:id:eses16es:20170209135418j:plain

実際に出るのはこの30分の1以下50分の1以下にもなり5Mbpsぐらい出れば上等です。

なぜこのようになってしまうかというと契約者の数が多くてぎゅうぎゅうに詰め込まれているからです。

アップロードとダウンロードの速度は異なっていますが、重要なのはダウンロードの速度です。

ダウンロードというのはホームページを見たり動画を見たりするときに使える速度で、アップロードの通信速度が速いからダウンロードの速度が速くなるというわけでありません。

ですのでこのそのようなカタログスペックに騙されないようにする必要があります。

 

格安SIM毎に異なる通信速度平均的な格安SIMの通信速度5Mbpsと書きましたが、実際には各社で全く異なります。

早いところと細いところがあり早いところではそこそこ速いのですが、遅いところでは全く繋がらないぐらい遅くなることがあります。

さらにややこしくなることには時間によっても速度がバラバラでしかも時期によっても通信速度が早かったり遅かったりします。

ユーザーが詰め込まれていると遅くなりますし、それが半年後に解消していることもあります。

しかしいつもまあまあ早めに7がUQバイルですUQバイルは常に速度が速いです。

他の格安SIMの場合は1ヶ月程度で速度がコロコロ変わってしまい、なかなかあてにすることができません。

比較的早いドコモ回線の格安スマホ

比較的ドコモの回線を使っていて速い格安SIMとしてはDMMモバイルとiijmioがあります。

この二つは比較的早いです。

f:id:eses16es:20170209135533j:plain

しかし楽天バイルとOCNは少し早いです。

それ以外のスマホは遅いといわれています。

BIGLOBEは時期によって出るスピードが全く異なりますし、フリーテルは遅いことがあります。

sonet早いときと遅いときがあります。

そして時間的には昼の時間帯が一番遅くなります。

この時間はみんなお昼でスマホをいじるのでとても遅くなってしまいます。

この時は0.5Mbpsほどになりサイトの閲覧もなかなか苦しくなるところです。

平日の夕方から夜の時間帯平日の夜から夕方にかけても少し遅くなっています。

UQバイルはいつでも早く使えますが、DMMモバイルや内容などは少し早く使えます。

教えの家楽天バイルはまあまあでも速度が出ています。

 

格安SIMの3G回線とLTE

格安SIMの3G端末と4GB端末の通信速度の違い結論からになりますが、格安SIMの場合は絶対にLTEの方がいいと思います。

LTEの方が3G端末と比べてお昼の時間帯の通信速度の低下がひどくありません。

3G端末の場合は本当に速度が遅くなってしまい、どうしようもなくなります。

3G通信の場合は最高が14Mbpsになりますが、LTEの場合は150Mbpsが最高になります。

実際には3MBbpsでもいいのですが、格安SIMの場合は速度がかなり落ちるのでLTE端末の方がいいのです。

なぜわざわざLTE端末を購入しないといけないかというと実際にはLTEの方が速度がでるからです。

 

格安スマホと格安シムの違いは?同じなの?

格安スマホ格安SIM二つの言葉が使われるようになっています。
この二つの言葉は意味が違うのでしょうか。

f:id:eses16es:20161211211327j:plain

格安SIMとは

格安スマホと格安SIMの意味は違います。
まず格安SIMは回線のことをいいます。
例えばこれはパソコンで言うとインターネットのプロバイダーで光フレッツを使っているbbiq、ソフトsoftbankを使っているなどの回線業者にたとえられます。


格安スマホとは

格安スマホはこの回線とスマートフォンがセットになって販売されているものです。

つまりパソコンでいうとソフトバンクが回線とパソコンを提供しているというなものです。

パソコンではこのようなことはないですが、スマホでは格安SIMで使える端末とセットになって販売されていてスマートフォンを受け取っただけで簡単に通信が始められるようになっています。


格安SIMは中級者から上級者向け
格安スマホは送信者向け

一般にそういわれていますが、softbankauなどドコモ以外の回線を使っている方はその携帯が格安SIMで使えないことが多いです。ですので格安スマホ格安スマホとシム回線のセットを購入するしかない場合も多々あります。


この場合は自分の好きな端末は購入できて回線でデータ容量などが自分の好みのものがあるところのを選ぶことになります。

 

格安SIMの電話かけ放題を比較

 

一例を挙げておきます。例えばfreetelではフリーテルprioriと回線を1ギガからセットで販売しています。

以上格安スマホと格安SIMの違いについてのまとめです。
格安SIMはインターネットで良いプロバイダーのようなものです。
回線の業者だけを選ぶものです。

格安スマホは格安のシム回線とスマートフォンの端末自体をセットにして販売している振り方です。

 

 

 

ドコモの「冬のおとりかえ割」とは機種代は安くなるのか?

冬のおとりかえ割というのは条件を満たした場合に

機種購入代の割引きをするサービスで最大5180円が安くなるサービスです。

f:id:eses16es:20170101130111j:plain

これは1月9日までで対象機種は
iphone 7
iphone 7 plus

2016年5月以降に発売されたxiスマートフォン
2年定期契約を契約する場合
またはシェアオプションに加入する場合
そして過去6か月以内に機種が購入されている回線や
xiからfomaへ変更されている場合
途中で解約する場合は違約金9500円がかかります。

 

機種が0円になるmnp・新規

iphone 7 32 gb が月々サポートや、家族まとめて割下取りプログラムので実質0円になります。

  • 月々サポート割は24回で5万5,700円
  • 家族まとめて割で5180円
  • 下取りプログラムが22000円など

家族まとめて割は2台まとめてシェアグループ加入で回線に加入する場合の5184円を割引するサービス


1月31日までのサービス
途中で解約すると9500円の違約金がかかります。
5ギガパックの小容量は対象外です。